世代や機種によって値段は変動するのか?

iPhoneの画面の修理の値段は?

iPhoneの修理で一番多いのが画面のひび割れです。ひびわれは表面だけの故障ととらえられがちですが、突然起動しなくなったりデータが消滅したりする危険があるので、すぐに修理したいものです。実際に修理するときに気になる金額については、購入の方法によって、また機種によって、アップルケアに入っているか否かで違うようですが具体的にはどのくらい違いがあるのかみてみましょう。

iPhoneの画面の修理にかかる料金についてはまず正規のルート、アップルストアで修理をする場合からみてみましょう。アップルのサイトにのっている表からみるとアップルケアに入っている場合と、そうでない場合でかなりの差があることがわかります。アップルケアとは端末購入時に限り入会できるサービスですが、アップルケアに入ってる場合は画面の修理は一律で3400円です。アップルケアに入っていない場合はiPhone SE、iPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 6で13800円、iPhone 6s、 6Plus、iPhone 7、iPhone 8で16400円、iPhone 6s Plus、iPhone 7 Plus、iPhone 8 Plusで18400円、iPhone XR、iPhone 11で21800円、iPhone XS、 iPhone X、 iPhone 11 Proで30400円、iPhone XS Max、 iPhone11 Pro Maxで35800円とかなり高額になってしまいます。機種が新しくなるにつれ、修理代金が段々と上がっていくのがわかります。ちなみにアップルケアは毎月1000円弱かかるサービスです。

アップルケアに入ってないiPhone、どこで修理する?

アップルケアに入っていない人にとっては、大手キャリアに契約していてもキャリアを通してアップルに修理を依頼することになるので、他の修理店に持ち込むという方法もあります。様々な修理店がありますので、お近くの修理店を検索してみてください。修理の流れをみてみると、時間は1時間もかからない場合が多いようです。価格は多少の差はあるでしょうが、iPhone7くらいまでの機種で4000円前後から、iPhoneXSで15000円前後、iPhone11になると30000円以上となるところが多いようです。

こうしてみてみると、機種によってかなり修理費用が変わることがわかります。そのため機種の古いものはアップルストアで修理するより近くの修理店に依頼する方が価格は低く抑えられます。機種の新しいものになると修理店とアップルストア、どちらもさほど価格が変わらないという状況になっているようです。

正規のアップルストアで修理したいというこだわりがなく、少しでも安く修理したいという方は修理店を色々検索してみることをおすすめします。修理店の信頼性や技術については業者によって異なるようですが、総務省に届け出をしている登録修理業者とそうでない業者と2種類あります。検討する一つの基準になるかもしれません。