旧型のiPhoneは値段が安い?

海外製のパーツを使用すればリーズナブルに修理ができる

iPhoneの水没修理は、各地の修理業者のメニューの中でも費用が高くなっていますが、旧型のモデルは海外製のパーツが多く出回っていることもあり、新型と比べて料金が安く設定される傾向があります。特に、非正規の修理業者においては、格安のパーツを使った修理が行われるケースが多く、キャリアや正規販売店に修理を依頼した場合と比べて、出費を半額以下に抑えることも可能です。最近では、iphoneの水没修理に掛かるおおよその費用について、ネット上で顧客側に公開している業者もあるため、万一のケースに備えて日ごろから業者選びをしておくのも良いでしょう。

また、水没したiPhoneからメールや画像などのデータを取り出す場合には、一週間以上の期間が掛かることもあり、業者ごとの修理の対応状況をしっかりと調べておく必要があります。そうした中、仕事や学校などの事情ですぐにiphoneを元通りにしたい人は、修理を担当するスタッフの数が多いところや、修理の受付から作業開始までの流れがスピーディーなところに依頼することが大事です。なお、修理の際に使用するパーツの種類によって作業期間や費用などに差が出ることもあるため、契約してから後悔しないように、慎重にそれぞれの業者の特徴を比較することが肝心です。

水没してから時間が経過している場合は費用が高くなりやすい

水没してから長い時間が経過しているiPhoneは、電気系統がショートしたり、金属部品がサビてしまったりすることがあり、旧型のモデルであっても修理費用が高くなってしまうケースが珍しくありません。また、パーツを交換しただけでは元通りの機能を使えないこともあるため、いち早く実績がある修理業者に問い合わせをすることが重要です。水没後にデータ復旧が可能な例については、素人にとって判断が難しいため、各地の修理業者の中でもベテランの担当者に作業を任せられるところや、専用の修理器具が揃っているところを探すのがおすすめです。


旧型のiPhoneの水没修理を得意とする修理業者の中には、手数料無料で出張や宅配による修理依頼を引き受けているところもあります。そこで、すぐに店頭へ足を運べない人は、ネット上で色々な修理方法を見つけることが大事です。顧客対応が良い修理業者においては、メールで水没したiPhoneの画像を添付して送ることで、数日以内に修理の可否について判断をしているところもあります。その他、できるだけ水没修理の費用を安く抑えたい人は、複数の業者の費用の見積もりを取るのはもちろんのこと、実際に修理を終えた人の感想をチェックするのも良いでしょう。