画面割れの修理期間は?

短時間で画面修理は済みます

画面が割れたiPhoneは修理に出さなければいけません。割れたままでは安全に使う事が出来ません。画面が見づらくなり、またタップ操作も正しく動かない場合があるためです。修理に掛かる期間ですが、お店によって変わります。iPhone修理の専門店はメンテナンスのスピードがとても良好で、急いで画面を綺麗にしてもらいたい時に重宝します。駅前や電気街で、iPhone修理の専門店は営業している事が多いです。いわゆる予約無しの飛び込みでも、画面割れの修理を受け付けてもらえます。お店の混雑具合によって多少前後しますが、一般的な画面割れの修理なら、数十分で完了します。短い場合だと15分程度、最長でも一時間程度でOKです。店内で少し待っているだけで画面を補修してもらえます。

お店が混雑していると、自分の順番が来るまで店内で待機しなければなりません。画面を直す作業時間がたとえ数十分だったとしても、お店が混雑していると順番待ちの時間がそこに加わります。繁盛している専門店の場合、一時間以上順番待ちをしなければなりません。スピーディにiPhone修理の相談をしたい場合は、飛び込みではなく事前に予約を入れておきましょう。電話やメッセンジャーアプリなどで店舗に連絡を入れて、都合の良い曜日と時間帯を伝えるだけです。

時間が少し掛かる事例もあります

画面割れの修理は、ひびが入った液晶パネルを交換するだけです。熟練度の高いスタッフが手際よく交換しますので、トラブルは起きづらい修理作業です。ただiPhoneに激しい物理的ダメージを受けた場合、画面だけではなく別の部品も損傷します。見た目はひび割れが入っただけに見えても、実際プロの方が開封して点検したところ、液晶パネルの交換だけでは済まないという事が分かれば、修理時間が延びます。ケースバイケースですが、本体全体をチェックし、いくつかの部品を交換する事になれば、修理完了まで3日程度、掛かる恐れがあります。また最新のiPhoneだったり、少しマイナーな種類のiPhoneだった場合、修理に必要な交換用パーツの在庫がない可能性大です。交換用パーツを取り寄せる時間が、さらに加算され、修理依頼を出してから実質1週間以上、待たされる事例もあります。 またネット系のiPhone修理サービスを利用する場合も、少し時間を要します。ネット系の専門店の場合、iPhoneを宅配便で送付します。配送に最短でも1日、距離があると2日から3日程度掛かります。修理後、お店のスタッフがユーザーの自宅までiPhoneを返送します。修理に掛かる時間と往復の時間を合計すると、平均3日程度は掛かる事がほとんどです。