画面割れの修理が依頼OKです

iPhoneの液晶画面がうっかりミスで割れてしまった、これはスマホユーザーにとってはよくある失敗談かもしれません。iPhone修理店では、幅広い液晶画面のトラブル相談が出来ます。具体的にはどんな修理が受けられるか、更には気になるコストと期間についてお伝えいたします。

画面割れの修理期間は?

画面が割れたiPhoneは修理に出さなければいけません。割れたままでは安全に使う事が出来ません。画面が見づらくなり、またタップ操作も正しく動かない場合があるためです。修理に掛かる期間ですが、お店に…

気になる液晶交換のコストは?

iPhoneを落として画面が割れたという方は意外と多いと思います。そこで割れた画面を修理する際のコストについて説明していきたいと思います。購入した店舗やApple本社に問い合わせて修理に出すのが一…

世代や機種によって値段は変動するのか?

iPhoneの修理で一番多いのが画面のひび割れです。ひびわれは表面だけの故障ととらえられがちですが、突然起動しなくなったりデータが消滅したりする危険があるので、すぐに修理したいものです。実際に修理…

iPhone修理を安くあげる方法

iPhone修理はメーカー修理が原則ですが、サービスセンターが近くにない場合や、安く済ませたい場合は、iPhone専門の修理店を探しましょう。特殊な修理でなければ、安く早く修理できる場合が多いです。

水没修理の気になるポイント

水没修理に掛かる費用と期間の目安

iPhoneには故障した際の保証が1年間から3年間付いていますが、誤って落下させ壊れた場合や水没による故障は保証対象外です。したがって、保証期間中であっても、水没により故障したiPhoneの修理に…

もっと詳しく »

旧型のiPhoneは値段が安い?

iPhoneの水没修理は、各地の修理業者のメニューの中でも費用が高くなっていますが、旧型のモデルは海外製のパーツが多く出回っていることもあり、新型と比べて料金が安く設定される傾向があります。特に、…

もっと詳しく »

水没修理前にしてはいけない作業とは

水没したiPhoneを充電するのは厳禁

iPhoneの水没修理前にしてはいけない作業と言えば、機器の充電です。水に浸かったスマートフォンを、いつも通り充電ケーブルに挿し込むと感電する恐れがあります。また水没後、本体に電気が通る事で故障の状態が、より深刻になりやすいです。表面を綺麗に布でふき取っても、肝心の機器内部に水分が残っていれば感電や通電による深刻な故障のリスクは高いままです。専門店に預ける前に、念のためにバッテリーの残量を増やしておこう、こういった考えは水没故障に関しては裏目に出ます。一般的なiPhoneの故障であれば、修理前にフル充電していた方が何かと、メンテナンスや機器点検の作業がスムーズに運びやすいです。しかしお風呂やトイレに落としてしまったiPhoneは例外であり、水没後はケーブルを一切挿し込まず、電源を素早く切った上で、なるべく早めに専門店に預けなければいけません。 修理前に本体データを、自宅のパソコンに転送させたいと思うかもしれませんが、水没故障の場合はバックアップ作成の作業も避けた方が賢明です。パソコンに接続すると、自動的に充電状態になりますし、本体に電気が自然と流れます。充電同様、パソコン接続もまた感電や機器故障のリスクを誘発する作業です。もちろん他にもモバイルバッテリーなどでの充電も厳禁です。

信ぴょう性が低い水没修理を試みるのも危険

インターネット上には様々な情報が存在しており、中には信ぴょう性が充分ではないアドバイスもあります。水没したiPhoneを電子レンジで温めれば故障が直る、水没したスマホが一瞬で直るアプリがある等、科学的根拠に基づかないアドバイスがまことしやかに掲載されているのが実情です。そういった信ぴょう性が低いアドバイスを鵜呑みにするのは大変危険です。水没したスマホがアプリのインストールで回復する事は、残念ながらありません。仮にそういった効果をPRするアプリがあったとしても、ほぼ確実に危険なアプリですので無暗にインストールしてはいけません。 そして特に気を付けたいのが電子レンジで直るというアドバイスです。都市伝説のように人々の間でしばしば話題になる助言ですが、電子レンジでチンしてもiPhoneは直りませんし、もし実行してしまえば火災になる危険性が大です。水没故障の原因は内部の水分であり、確かにそれを乾燥させれれば修理が成功できそうに思えますが、家庭用の電子レンジにそういった機能はありません。スマホに限らず電子機器を少しでも電子レンジで温めると、爆発や火災のリスクが非常に高いです。火傷や大けがは勿論、最悪自宅が火災に見舞われる恐れもありますので、電子レンジやアプリを使った方法に限らず、ネット上に転がる信ぴょう性が怪しい方法で水没修理を試みるのは絶対にやめましょう。